カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

【送料無料】がんこ漁師の熱めし3箱セット【冷凍品】

水産庁が選定した、<b>ファストフィッシュ商品</b>です。
かまえ直送活き粋船団のがんこ漁師の熱めしは、水産庁が選定したファストフィッシュ商品です。



豊後水道の漁師が作った美味しい逸品豊後水道の漁師が作った美味しい逸品



「豊の活ぶり」を贅沢に使い、甘辛い秘伝のタレに漬け込んだ漁師町蒲江の伝統的なまかない料理です。
解凍後アツアツのご飯の上に乗せ、同封されている刻みネギ、海苔のほかお好みでワサビを薬味として添えて豪快に召し上がれ!
本格的に漁師の味を楽しみたい方は、同封されているカツオ出汁をかけてお茶漬け風で食べてみてください。

1杯目はそのまま、2杯目はお茶漬けで。2つの味が楽しめます。

今だけお得!「がんこ漁師の熱めし」3箱セット(12人前)で 全国一律4000円送料無料!!
「豊の活ぶり」を贅沢に使い、甘辛い秘伝のタレに漬け込んだ漁師町蒲江の伝統的なまかない料理です。
冷凍で4ヶ月・解凍後5日間保存できます。(解凍後は、お早めにお召し上がり下さい)

送料無料

です。

(振込手数料、代引き手数料はお客様ご負担です)

【送料無料】がんこ漁師の熱めし3箱セット【冷凍品】

価格:

4,000円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

■ 商品説明

『おおいたB-1グランプリ』優勝!第1回ご当地どんぶり選手権優秀賞受賞!!日本有数の漁場「豊後水道」の豊かな海で育った船団自慢の養殖鰤(ぶり)「豊の活ぶり」を贅沢に使い、甘辛い秘伝のタレに漬け込んだ漁師町蒲江の伝統的なまかない料理です。郷土料理百選、水産庁ファストフィッシュ商品にも選ばれた「がんこ漁師の熱めし」

■ 商品仕様

製品名がんこ漁師の熱めし3箱セット(送料無料)

解凍後アツアツのご飯の上に乗せ、同封されている刻みネギ、海苔のほか、お好みでワサビを薬味として添えて豪快に召し上がれ! 本格的に漁師の味を楽しみたい方は、同封されているカツオ出汁をかけてお茶漬け風で食べてみてください。

ブリのあつめし

どんぶり?お茶漬け?…それとも、酒の肴?




包丁で切っても、まだ身が動いている。
そんな鮮度が自慢のブリの切り身を、甘辛い秘伝のタレに漬け込んだ、豊後水道の漁師町に伝わる漁師のまかない料理「熱(あつ)めし」。りゅうきゅうとも呼ばれています。

熱々ごはんにブリの切り身とタレをのせて、海鮮ぶり丼として濃厚な味わいを楽しむもよし、ダシ汁や熱湯をかけ、少し蒸らしてお茶漬け風にすれば、タタキのような食感を味わえます。もちろん、そのまま焼酎や日本酒の酒の肴にすれば、二人の晩酌も手間いらずでカンパ〜イ。

急なお客様にもあわてなくてすみます。
海の男の素朴で豪快な料理をご自宅でどうぞ。

漁師が食べている「熱めし」をそのままお届けします。

『熱めし』とは・・・?

熱めし(りゅうきゅう)は、もともと漁師が船上で食べるまかない料理でした。冷蔵庫のない時代から船の上でタレに漬け込み数日間食べたといいます。そんな漁師達の豪快料理を、佐伯市蒲江(かまえ)の漁師軍団が「がんこ漁師の熱めし」に仕上げました。豊後水道育ちの豊の活ぶりの切り身を贅沢に使った逸品です。

漁師のこだわり、鮮度と安心のわけ



いけすから出したばかりの活きたブリを切り身にし、タレに漬け込みます。
化学調味料、保存料、着色料、合成甘味料はつかっておりません。
漁師が食べている、そのままの「熱めし」です。

ぶりの切り身の鮮度が違います!


養殖は、海の農業。
自分の子どもにも食べさせることができる『安心』がモットーです。


「養殖といっただけで、イメージを悪くするもんがおるが、農業と一緒なんじゃ。
米が病まないように事前に予防する。
それと同じことをしよる。わしがしよるんは"海の農業"じゃ(笑) 」

与える餌も薬もちゃんと厚生労働省が認可をだしとるもんで、生育に必要な分だけしか与えておらんわい。
わしらが、獲ってきた稚魚をわしらが育て、わしらが商品にし、お客様んとこまで届けるんよ。

それに、わしらの中に子育て中の親が多い。
自分の子供にも安心してだせるという信念でやっとる。

国内産のサバ(手に持っている)やカタクチイワシが餌で、食用として大丈夫なほどぐらい餌の鮮度にもこだわっています!
※実際に中国に食用として輸出されています

豊後水道の沖合いで育てられる養殖のぶりですが、
2年間かけて育てるのは『天然の稚魚』です!
この天然のぶりの稚魚を・・・"もじゃこ"といいます。

天然の稚魚・・・「もじゃこ」
漁師たちは、こう呼びます

・・・・「海の小判」と。


金色に輝く色をし、
そして何よりも、この小さなもじゃこが、
大きなぶりに育つからこう呼んでるんだそうです

こんなに小さくて可愛いもじゃこが、
こんなにおっきく豊後水道の海で育つんです。



たくさんのお客様からお喜びの声をいただいております。


熱めしは、食べ盛りの息子の強い味方です!

京都府 M様

熱めしは、食べ盛りの息子の強い味方です。
何もおかずがなくても、ご飯さえ炊いておけば、あとは「自分で解凍して食べてね」で食べてくれるので、親としては大助かりです。
息子は、丼に山盛りにご飯を入れて、幸せそうに食べてます。
思わず、「あんたの体には胃袋しかないの?」と言いたくなるような男の子のいる家庭では、熱めしは冷凍庫の必需品です。(^_^;)箱なし熱めし、定番としてずっと出してくださいね。


7歳の双子がとっても喜んでいました。

神戸市 Y様

先日は、熱めしを美味しく頂きました。7歳の双子がとっても喜んでたべていましたよ。
また食べたいな〜と言っています。




近年のB級グルメブームの最先端の味を満喫できるイベント、2010年度の「第2回ふるさと祭り東京」の特別企画として開催された「全国ご当地どんぶり選手権」『がんこ漁師の熱めし』が優秀賞を受賞しました。




【農林水産省「農山漁村の郷土料理百選」等の選定について】
農林水産省では、全国各地に伝わる郷土料理のうち、農山漁村で脈々と受け継がれ、かつ「食べてみたい・食べさせたい・ふるさとの味」として国民的に支持されうる料理を「農山漁村の郷土料理百選」として選定するもので、2007年12月18日、第3回郷土料理百選選定委員会(委員長:服部幸應氏)が開催されました。

ページトップへ