カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

もじゃこについて

もじゃこってなに?


もじゃこは、ブリの「あかちゃん」です。
ブリは、昔から出世魚といって、縁起物としてお正月には、皆の出世を願って必ず食べられる魚です。
何で「もじゃこ」って呼ぶかって、海には海草(藻)が漂いよって、もじゃこ達は我が身を守る為にその藻に隠れてある程度大きくなるまでプランクトンなんかを食いよるんじゃ〜。
そして、四月下旬になると、日本近海で産まれた「もじゃこ」が、黒潮に乗って大分(おおいた)近海にやってくるんじゃ〜。四月の漁の解禁日には、うちん(わたしたちの)港の衆も一斉に出漁じゃ〜!そりゃも〜豪快っちゅうか、勇壮っちゅうか・・・。


もじゃこの選別作業


獲ってきて直ぐ行うのがモジャコの選別作業。
沖から帰って船を着けたら急いでモジャコをおろさんと酸欠で死ぬんじゃ〜!
船からおろし終えたらすぐさま!大きさを揃える「通し(とおし)」っちゅう作業をして共食いを防いで餌をやれるようにせんと・・・ブリの赤ちゃんじゃから!少しでも早く餌に慣らさんと弱って餌につかんのじゃ〜!

もじゃこの選別もじゃこの選別もじゃこの選別

先ずは、イケスにおろしたモジャコを竹で寄せます。
こんな感じで寄せたモジャコを通しの箱にタモで入れていくんじゃ〜!
モジャコの通しの箱は、底が金網になっちょて、しかも!
金網の目合いが6ミリ・9ミリ・12ミリ・15ミリ・18ミリっちゅうように大きさが少しずつ大きくなってなって行く!
金網よりも大きいモジャコは、箱に残って小さい奴が金網の目を抜けてイケスに入っていく!6ミリに残った奴は、9ミリの箱に入れる!
こんな感じ!
これは、9ミリから12ミリへ入れよるところじゃ〜!
こうやって、大きさを丁寧に!しかも、手早く揃えて!一つのイケスに3000尾程度に分けるんじゃ〜!

もじゃこの選別もじゃこの選別

これが分ける前!これが、通して分けた後の一番大きな「トビ」と呼ばれるモジャコ!

沖で船長以下、乗組員も一緒になって・・・時には、大しけの中命懸けで獲ってきたモジャコ!
一匹でも大切に殺さんように!本当に大切に育てるんじゃ〜!ただ、この「通し」っちゅう作業は、小さいモジャコじゃったら3日に一回は、通していかんと餌食いで負けた奴がどんどん落ちて行く!出荷までに10回以上!・・・その3メートル四方のイケスが60個以上!6メートル四方のが10個!8メートル四方のが8個!これを管理しよると・・・痩せて当たり前じゃ〜〜〜!


「餌へのこだわり」


餌は、淡路島産の小女子(こなご)っちゅう(という)よく佃煮で売られよる魚の鮮度の良い冷凍もの。
これにはこだわりがあって先代の時から十数年・・・ずう〜っと(昔から)淡路の田中冷凍さんとこの(製品)を絶対に使いよるんじゃ。田中さんとこのは、鮮度が良い!そりゃ〜他にも良いとこはあるかもしれんが、先代が惚れ込んで使いよったし、田中さんと会うて見て信用していいって思うたき、ず〜っと使いよるんよ。国産は、ちいっと(かなり)高いけど物がいい!「餌」も「さ・か・な」も!
その、小女子と、国産赤アミを混ぜて(国産にこだわって)餌を作る。毎年のことじゃ〜!
20グラム位から、「EP飼料」っちゅう金魚の餌みたいになった「粒状」の魚粉といろんなビタミンやミネラルを入れたものを食べらせるんよ・・・。

金・かかるんじゃ。魚は!・・・手・かかるんじゃ「魚」は!



もじゃこへの予防接種


もじゃこへの予防接種

モジャコ(ブリの稚魚)は20g〜50g位の所で一大イベント(??)が待っちょるんよ。
みんなびっくりするかも知れんけど数年前から魚への予防接種が開発され、水産庁の許可がでて人間みたいに小さい時にワクチンをする事ができるようになったんじゃ。
魚にはいくつか特有の病気があってこれまでその対応にいろいろ苦労しよったんじゃが、この予防接種をすると出荷するまで長く飼う魚じゃと24ヶ月以上その病気に全くかからなくなって、日本全国に普及しよるんよ。
ヨーロッパや北米などの養殖生産地ではずっと以前からワクチン化が進んでいて、以前ノルウェーのサーモン養殖の人と話をしたとき(もちろん通訳付で)「日本の養殖は遅れている」って笑われてしもうた・・・。

ワクチン接種ではまず、魚を麻酔の液体に入れて眠らせ、船の上にある注射専用の台に乗せます。近所の奥さん方10人(注射の免許を持っている人に限り)が1尾1尾魚のお腹に注射をしていきます。注射器は魚専用のもので1回押すと0.1ccワクチン液が出る仕組みになったものです。注射された魚は台のまわりの水路から大きなホースを通ってイケスヘ戻っていきます。そしで3分程すると元気に泳ぎまわります。イケスを寄せる人・麻酔をかけたりする人など合わせて総勢16〜20人ほどで朝6:30から午後3:30頃までで9万尾〜10万尾ほど接種することができるんじゃ。 魚を育てることは子供を育てるのと全く同じような気持ちじゃな!!(いいこと言うの〜)


Contents